本当に出会える優良出会い系サイトをカテゴリ別にランキング形式で紹介しています。
出会いにつながるプロフィールの書き方、出会いにつながるテクニック、出会い系サイトの悪質手口やトラブル対処法も紹介しています。

ネットでの出会いを周囲に正直に言える自信がありません(38歳)

優良出会い系サイトのみを紹介している比較サイトです

ネットでの出会いを周囲に正直に言える自信がありません(38歳)

エキサイト恋愛結婚「恋愛なんでも相談室」に投稿があった内容です。

【相談内容】
お付き合いをすることになったり、結婚をすることになったとき、周囲に、知り合ったきっかけを正直に言える自信がありません。
ネットで婚活をしておきながら、また、エキサイト恋愛結婚は本当に誠実な方が多く信頼もしているのですが、田舎の、古い考えの両親や、自然に知り合って結婚している友人たちに正直にきっかけを言うことに抵抗があります。
かといって隠すのも卑怯な気がしますし、お相手に対しても隠したいと言いだすことは失礼な気がします。
そんなことを想像すると、活動もつい消極的になります。

時代の自然な流れと言い聞かせ、幸せになっている方の体験談を読んでも、なかなか矛盾が解決しません。


【恋愛アドバイス】
ご相談を拝見いたしました。 お気持ち、とてもよくわかります。

ネット婚活はポュピラーになってきており、 元会員カップルから結婚式への出席依頼をいただいたり、また会員さんから「結婚披露宴で、私たちがエキサイト恋愛結婚で知り合ったことを発表しました」という体験談も多数いただいておりますが、もちろん、そういう方々ばかりとは限りません。

でも、あなたは何も心配なさる必要はありませんよ。
ましてや活動が消極的になってしまうなんて、もったいない!

乱暴な言い方に聞こえたら大変申し訳ありませんが、結論から申しあげると、出会いなんて何だっていいのではないでしょうか、結婚することになったのでしたら。

不思議なもので、結婚する二人というのは、もう完璧な共犯関係なのですね。
誰さんの紹介であったとか、キューピッドが誰それさんで・・・というようなことが実際にはあったとしても、それを結婚する二人、あるいは結婚した二人に言及すると、たいていちょっとムッとしたような迷惑そうな表情を浮かべるものです。

それは、確かにそういうプロセスはあったかもしれないけれど、もはや誰よりも仲良くなってしまった二人にとっては、そう言われてもピンとこないわけですね。

傍から見ればみんなが知っているプロセスだったとしても、「私たち二人は出遭うべくして出会った運命共同体」という意識が強いからなのでしょう。それは別に、彼らが恩知らずということではなく、恋愛のなせる科学反応。
私はとても微笑ましいと思います。

何を関係ない話を延々と・・・と思われるかもしれませんが、いい意味で共犯関係ができあがっている結婚相手とは、知り合ったきっかけなんてもうどうでもよくなっちゃっている、ということなのです。

現時点でそういう状況にいらっしゃらないと、それこそピンとこないかもしれませんが、恋愛の科学反応の前後はそれだけ違うということをぜひ想像してみていただきたいと思います。

少なくとも、隠すのは卑怯・・・などという気持ちはなくなっていると保証します。

何を申しあげたいかというと、お二人で共同戦線を張ればよろしいということ。
二人の気持ちは結婚ということで一致しているのですから、あとは周囲へできる限り心を配って、ご両親や親戚、友人たちを安心させてあげてください。

お二人が親しくなっておつきあいを始め、結婚に至るには、必ずや共通する趣味や価値観のようなものがあったはず。
そこから知り合ったきっかけに結びつけられませんか?

マニアックなことじゃなくていいのです。
映画でもサッカーでも俳句でもウォーキングでもガーデニングでも。

好きな共通する世界があって、それでつきあい始めて・・・というのでしたら全然嘘じゃないでしょう?
結婚式で出合い方を説明する機会をわざわざ作る必要はないですし、ご両親へは、趣味の集まりのようなもので知り合ったという延長線の説明がもっともふさわしいかと思います。

それをお二人が互いに納得されていることが大事。
それなら、何も隠していることにはならないと思います。

そして、それ以前に何より大切なのは、ネット婚活だろうが同窓会での再会だろうが合コンで知り合おうが、結婚相手と出遭えたことが、つまり人生で一番、愛し愛される相手と出会えたことがもっとも大切なことであって、その前には何も重要なことはない、と肝に銘じていただきたいということ。

そして、結婚してしまうと、ますます気にならなくなりますよ、知り合い方がどうだったかなんて。結婚して何年かすると、自然に、実はね・・・と話せる時が来るかもしれません。でも、話さなくて全然かまわないと思います。
それは、将来生まれるかもしれないお子さんに対してもそう。

だからこそ、延々と精神論的なことを先に述べさせていただきました。
どういう気持ちでいらっしゃるか、がもっとも大事だからです。

隠しごとだとか嘘だとかと、とらえないでいただきたい。
そうとらえることのほうが違うと思います。
まずその意識を変えていただきたくて、いろいろ申しあげております。

あなた方お二人は誰にも迷惑をかけていないし、それどころかあなた方お二人が幸せになることで、ご両親も周囲の方たちも幸せになります。
とてもいいことをなさっているのです。

極端なことを言えば、結婚する二人がOKなら家庭の中では何だってアリ。
素っ裸で暮らそうが、赤ちゃん言葉で話そうが何でもアリなんです。
そういう二人がどうやって知り合ったか、を気にするほうがおかしい。

かりに、かなり格式ばった結婚式をなさる場合でも、そこまで堅苦しくすべてを明白に語る必要はまったくないと思います。私の友人などは、都内で一番人気のある神社で挙式を行った後の披露宴で、ご主人が二人の履歴と出会いを簡単に説明する場面で、奥さんの年齢がやや高めだったのを気にしてか、「〇〇〇子、1900ホニャラホニャラ年、東京生まれ・・・」と、紹介していました(笑)。

そのぐらいの融通を利かせていいのです、出会いに関しても。

要は、結婚することになる相手ができたなら、二人でいろいろ話し合ってお互いがなるべくいい気分で過ごせるよう二人で実践していけばいいのです。

「エキサイトなんて言っても、実家の両親はチンプンカンプンだと思うよ」
「ネット婚活って一言でも口にしたら、理解できないものだから、私が何かとんでもないことに手を染めてるみたいな目で見るんじゃないかな」
「親戚に顔向けできないって泣かれちゃったりして・・・」
「何度も見合いを勧めてきた、とんでもなく頭の古い伯母がいてね・・・」

などという話を、結婚相手とはどんどんなさってみてください。
ご両親に無理して理解していただく必要はまったくありません。
ご両親にはとにかく安心して喜んでいただくことがベスト。
そうできるようお二人で力を合わせてほしいのです。
結婚とは、二人でまず最初にする仕事が、そういうプロデュースなのですよ。
ご自分たち、そして周囲をも幸せにするために、楽しんでなさっていただきたいです。
それは、結婚後も一生続くハッピーエンディングな映画の1stシーンなのです。

とはいえ、あなたが結婚なさって、お子さんがおできになる頃には、さらにネット婚活がポピュラーになっていて、なかなか結婚しないあなたのお従兄弟さんに対して、あなたのご両親が、「エキサイト恋愛結婚を紹介してあげたら」と、あなたに頼んでくる状況になっているかもしれません。

現在は、まだ誰とも出会われていらっしゃらないのでしたら、ずいぶんお門違いな濃い話を聞いちゃったな〜、と呆然となさるかもしれませんが、恋に落ちればご理解いただけると信じます。

もちろん、ホレタハレタだけではすまない様々なご事情がおありでしょう。
でも、出会いの前から、ネット婚活に引け目を感じながら活動すると、ご自身が疲れてしまいますよ。心の状態に体は確実に反応しますから。しかも全然引け目を感じる必要がないことなのに、それでは本当にもったいないです。

人を好きになるって素敵ですよ!
ネット婚活を、どうぞ思う存分楽しんでください。
参考文献:エキサイト恋愛結婚 >>エキサイト恋愛結婚

完全無料の出会い系サイト

矢印アイコン完全無料の出会い系サイト一覧

出会い系サイト最新ニュース

矢印アイコン出会い系サイトに関するニュース

コンテンツ

ソーシャルメディア

ブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録