婚活に失敗する女性、成功する女性の違い

結婚したいけど出会いがない――。アラサー、アラフォーの独身女性の多くはこんな風に思っているんじゃないだろうか。しかし、普段の自分の生活を思い返してみてほしい。仕事の忙しさにかまけて、毎日が会社と自宅の往復になってしまっていないだろうか。それでは出会いは生まれるはずがない。

■「運命的な出会い」「自然な出会い」なんてない

「まずは、自分の活動範囲を変え、周りの環境を変えること」と澤口さんは説く。「よい人と自然に出会えるのが一番と思っている婚活女性は多いと思いますが、自然な出会いなど絶対にありません。大学の同級生や会社の同僚など、今までの環境の中で自分の周りにいる、これと思う男性は既に相手を見つけているものです。だから、自分から探しにいかなくては出会いなどないのです」。ただ漫然と待っているだけでは、道を歩いていたら運命の相手とぶつかったなんていう少女マンガの世界と一緒、と彼女。なるほど!

そもそも婚活女子には、3年、5年と彼氏がいない人が多い。そこから、いきなり結婚したいといっても、それは無理な話。「受験勉強を全くしていなかったのに、いきなり東大を目指すと言っているようなものです」と澤口さんはきっぱり。だからこそ、まずは赤門ならぬ「結婚」という門をくぐるための環境作りから始めなければいけないというわけだ。

活動範囲を変えるといっても、難しいことをするわけではない。「例えば、今まで見たことのないジャンルの映画を見たり、行ったことのない場所へ出かけたりするなど、いつもと違う選択をするのも環境を変えるいい方法」(澤口さん)。これまで手に取らなかったジャンルの本を読むのも、新しい出会いを導くきっかけとなる。「実家に住んでいる人は、1年間一人暮らしをしてみるというのもいいでしょう。駅が変わる、路線が変わるというだけで、出会う人が変わってくるものです」。

また、「自然に出会いたい」派の奥手女子には少しハードルが高いかもしれないが、婚活サイトや結婚相談所に登録することも、出会いの幅を広げるためには「絶対に必要」と澤口さんは断言する。普段の生活で自分が出会わない人と交流できる機会をできるだけ多く設けることが大切なのだ。

■「婚活=自分磨きのツール」と考えよう

婚活サイトや結婚相談所に登録して色々な男性に会っても、相手の方から「ノー」と言われたら辛い――。そんな風に思っている人もいるかもしれない。マジメな人であればあるほど、婚活は辛いものになりがちだ。しかし、「結婚というゴールだけが婚活から得られる成果と思っているから辛くなるんです。婚活は、なにより自分磨きのツールだと考えてください」と澤口さんは力を込める。

お見合いやデートのためにファッションや化粧を工夫すれば、より美しく装うことができるようになる。初対面の相手と話す機会を重ねることで、自分のコミュニケーション能力もあがる。見合い相手の仕事の話が、自分のキャリアに生かせることだってあるかもしれない。そんな風に、婚活にもさまざまな形の「成果」があるのだと思えば、婚活サイトの登録ボタンが違った目で見られるんじゃないだろうか。「婚活を利用して、活動範囲が広がり交流関係が広がれば、自然に人間の幅も広がります。そうやって自分を磨いていけば、それに見合う“ランクアップ”した出会いも生まれます」(澤口さん)。

30代だからなかなか出会いがないという人もいるが、そもそも、それは自分を20代女子と比較してしまうから。「自分磨き」で20代の女性にはない魅力を身につければ、自分の年代に合ったよい男性と出会うチャンスもどんどん広がるというわけ。澤口さんのセミナー受講者の中には、40代半ばで彼氏をゲットした人もいるという。

また、婚活を始めるにあたっては、交友関係を見直すことも大事だと澤口さんは指摘する。「学校時代からなど長い付き合いがある人でも、いつも疲れていたり、発想が後ろ向きであったり、あら捜しばかりをしているような人といれば、自分の気持ちもネガティブになってしまいます。距離をとっていい」。逆に、一緒にいて明るくポジティブな気持ちになれる、もしくはその人みたいになりたいなどという人と一緒にいるようにすれば、自分の気持ちも自然に変わっていくはず。本当に自分と縁がある人なら一旦は距離をとっても、いずれ元の関係に戻るので心配する必要はないという。

■最初のデートの後、“二度目のない女”から脱却する方法

さて、婚活をする中で大切なのが、出会った男性に対して「タイプじゃない」「興味がない」などとすぐに白黒判定を付けないこと。人間的に合わないというのではない限り、男性のとの関係は“グレー”にしておく、のが鉄則だ。今はグレーでも、白になるときもくるかもしれない。「そのぐらいズルくていい」と澤口さんは言う。

「まず『明日飲みに行こう』と誘える独身の男友達を3人見つけること。実は、婚活になかなか成功しない女性は、男友達が極端に少ないケースが多いんです。『この人』と思わなくても、趣味が合うとか、パソコンに詳しくて色々教えてくれるとか、なにか引っかかるところがあれば、まずは友達付き合いを始めてみましょう」

しかし、「一緒に飲みに行ける男友達」なんていっても、「自分から男性を飲みに誘うなんてなかなかできない」という女子も多いだろう。そこで澤口さんが伝授する必殺テクニックが「誕生日メール」だ。

例えば合コンのとき、携帯番号の交換と一緒に相手の誕生日を聞く。そして、彼の誕生日にお祝いメールを送るのだ。「男性が男友達と誕生日メールを送り合うことはないですし、メールがあるとすれば彼女やお母さんからであるはず。だから、彼女がいないときに女性からお祝いのメールがくれば、男性はうれしいものです」

何か月か前に合コンした相手でも誕生日メールをきっかけに、「久しぶりですね!」「飲みに行きませんか」などというやり取りがごく自然にできるというわけだ。

また、初対面の席で「今度行ってみたいレストランがあるんですよね」などいう話をするのも、再び会うチャンスを作る誘い水になる。「前に話したレストランに行ってみませんか」などと声をかけやすくなるからだ。

「明日、女友達と飲む予定があるんですが、ご一緒しませんか」などと、二人きりではない飲み会への誘いも相手が気楽に応じやすい。断られても「また誘ってください」という返事もあるだろう。折をみて再び声をかけてみればいいのだ。そもそも、アラサー、アラフォーと同年代の男性は、人生の中でも特に仕事が忙しい時期にある。スケジュールがすぐには合わないのも当然。でも、「3か月や半年に1度そんなメールをしていれば、タイミングが合うときがありますよ」と澤口さんから心強い一言。

■「受け身」「無精」「頑固」――思い当たる人は注意

30代女子は男性との関係に関しては打たれ弱く、男性から断られたりするとへこんでしまいがちだと彼女は指摘する。「一人で婚活するのは大変で思いつめてしまいがち。だから、婚活仲間を作ることも大切ですね。お互い合コンをアレンジし合ったりすれば、前向きになれますし、人間関係も広がりますよ」(澤口さん)。

「30代で未婚の女性には、1.受け身である、2.無精である、3.頑固であるという3つの特徴があります。自分からメールしたり声をかけたりできない(受け身)、合コンの後メールをしない、婚活サイトに登録しない(無精)、自分の世界がありすぎて、プライドが高く歩み寄らない(頑固)、というわけです。でも、人というのは変わっていくからこそ楽しいんです。だから、婚活することで、どんどん自分を変えレベルアップしてほしいですね」

「婚活」という言葉を思い浮かべると、ついため息が出てしまうというアナタ。今日から「楽しい婚活」を始めてみませんか。

下記の1つでもチェックが付く人はチェック
□ 今の自分に自信がない、自分を好きじゃない
□ 合コンやパーティーなど新しい出会いのチャンスを控えている
□ 出会いがない、環境を変えたい
□ さらに自分らしく輝きたい
□ 婚活しているが、なかなか成果が出ていない
□ 今お付き合いしている人と結婚するかどうか迷っている
□ 恋愛が長続きしなかったり、自然消滅で終わってしまう
□ 異性とお付き合いした経験がない、または少ない
□ 自分を客観的に見つめ直し、今後の婚活に活かしたい

参考文献:日本経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です