婚活女性、出会い系アプリで3か月で104人とデートし結婚へ

昨今スマホの出会い系アプリを利用する人も増えているようだが、出会い系アプリで恋人を見つけた関西地方の商社に勤める田代美保さん(仮名・29才)が言う。

「私が使ったアプリは『Pairs』です。社会人になって出会いが少なくなり、社内恋愛も嫌だったので“もうアプリしかない”と思って利用しました。最初はアプリ内に自分の写真を載せることへの抵抗があったけど、個人情報はなるべく出さないよう気をつけました」

田代さんの周囲にも利用者は多いという。

「取引先の会社の独身の男子はみんな使っています。私の恋人は長い間アメリカに留学していたので、日本の友人や出会いが少ないので使い始めたと言っていました。ネットでの出会いは私たちの世代では当たり前のことだけど、親にはまだ『マッチングアプリで彼氏と出会った』とは言えないでいます」(田代さん)

婚活コンサルタントの澤口珠子さん(40才)も男性との出会いを求めてアプリを利用した1人。

澤口さんのすごいところは、「回数」をこなしたことだ。彼女は出会い系アプリを利用して3か月で104人の男性と1対1のデートをした。

「私が使ったアプリは『Pairs』『Omiai』『マッチアラーム』の3種類です。朝マッチング(お互いの好みの条件が合うこと)した男性とその日の夜に会うこともありました」(澤口さん)

婚活コンサルタントとしてネット婚活のリサーチをするため、男性とデートしていた側面もある澤口さんだが、2015年3月に出会った104人目の男性に人生を変えられた。

その日、待ち合わせに現れたのは、現在の夫である長岡武司さん(32才)だった。

「最初に彼と会ったとき、とくに『ビビビ!』とはなりませんでした(笑い)。リサーチ目的だったので彼の状況を聞くと、『アプリでたくさんの女性と出会って、実は今、本命が2人います』と恋愛相談を受けました」(澤口さん)

当時の様子を長岡さんが振り返る。

「澤口は経営者で恋愛のプロでもあり、さらにリサーチ目的だったので、最初はギラギラしていて。正直怖い印象があり、恋愛対象ではなかった(苦笑)」

しかし、お酒を飲んでいるうちに意気投合。その日のうちに3軒はしごしたという。1か月後にはグループで山登りをし、3回目のデートで一夜を共にした。

「といっても、私の仕事場で彼に音声編集の手伝いをしてもらっていたら終電がなくなり、布団が1つしかなかったので同じ布団で寝ただけです。彼は8才年下で弟のような存在だったから、私は警戒することもなくすぐ寝ました。そうして同じ時間を過ごすうちに、“真面目でいい青年だな”と好意を抱くようになった。一緒にいて楽だったから、少ししてからつきあうようになりました」(澤口さん)

その年の夏には互いに結婚を意識するようになり、2015年12月に入籍、翌1月に結婚式を挙げた。当初、親に真実を告げるのは躊躇したと長岡さんが言う。

「保守的な両親なので、最初はアプリで出会ったことを隠して『友達の紹介で出会った』と伝えていました。その後、実際に対面で澤口を紹介した時に、『珠子さんは最高の女性じゃないか』と喜んでもらえたので、その日の夜に、実はアプリで出会ったことを伝えました」

一方の澤口さんは堂々と「アプリで出会った」と両親に伝えた。澤口さんの母親・みよ子さん(70才)が当時の心境を明かす。

「最初は『えっ!?』と思いましたね。昔は職場が一緒とか友達が一緒とかの広がりでおつきあいするものでしたが、会ったこともない人と急に出会って交際や結婚することに、親としては心配な面がありました。出会い系アプリの印象も悪くて、“変な男なんじゃないか”という猜疑心がありました」

それでも長岡さんといると自然に笑う娘の姿を見て、考え方が変わったという。

「長岡さんは優しくて真面目だし、私は娘を信じているから安心しています。今は周りにも独身の子供を持つ親が多く、娘の結婚をうらやましがられます。だからアプリで結婚相手と会えたことも、今にして思えば本当によかった。結婚していない人はどんどんアプリで出会うべきですよ」

参考文献:NEWSポストセブン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です