出会い系と化した「ネオ横丁」に通う女性たちのホンネ

近年、「恵比寿横丁」や「渋谷肉横丁」などの屋台村方式のネオ横丁が増え、出会いの場にもなっている。様々な婚活サービスが充実し、SNSなどで誰かと簡単に出会える時代なのに、なぜ女性たちは「飲み屋」というアナログな出会いに回帰しているのか。実際に横丁に通い詰める女性たちを取材し、その心境をレポートする。

続々生まれる「ネオ横丁」は新しい出会いの場?

中年男性の巣窟だった昔ながらの居酒屋や、街の裏通りに連なる「横丁」に女性客の姿を見かけることが珍しくなくなった。

特に人気なのは、吉祥寺の「ハーモニカ横丁」など、従来の横丁に新世代の店舗が進出し、イメージ刷新に成功した「ネオ横丁」と呼ばれる飲み屋街だ。しかし横丁ブームが一息つく中、いまや隣同士になれば自然に話しかけられるような客同士の距離の近さのせいで、男女の出会いの場となっているという。

そんな「出会い系横丁」として有名なのが、2008年5月にオープンした「恵比寿横丁」だ。フード系施設のプロデュースを手がける「株式会社浜倉的商店製作所」が、休眠していた築40年以上の公設市場跡地をリノベーションして「横丁」として再生。昭和レトロを強調したフードテーマパークのような内装で、当初から隣り合った同士が一緒に飲めるように意図されており、恵比寿で楽しく飲める場所としてメディアなどに取り上げられた。

こうして、近隣のサラリーマンや、横丁文化に入門したい女性が集うようになった恵比寿横丁だが、他にも同様の「ネオ横丁」が続々と生まれたためか、ひと頃のような盛り上がりはない印象。代わりに、出会いを求める男女が集う場になったという。実際に行って様子をうかがってみた。

出会いの回転寿司状態も女性客の本当の目的は

金曜日の20時ごろに横丁に入ると、すでに全店が満席状態。客層は男性は30~40代、女性は20代が中心で、思ったよりも若い雰囲気だ。ところどころで乾杯の声が響き渡り、祭りのような盛り上がり感に満ちている。席に座れない男性客たちは、各店舗の女性客を物色しながら通路を何度も素通りしている。

その視線を受ける女性客の中に、通路沿いの2人席に陣取り、椅子を完全に外に向け、川の流れを見るような風情で男を品定めしている2人組がいた。その間、女性同士の会話はなく、ひたすらスマホをチェックしており、時折男から声をかけられてはLINEを交換している。

この空気感は、もはや「夏のビーチ」だ。江ノ島や白浜、もしくはかつての伊豆諸島のようなムード。男たちは無差別に女子に声を掛けまくり、女子もそれを許しているという、出会いの回転寿司状態である。

この2人組に話を聞いてみた。千葉から来たというマナミさん(27)と、アヤさん(28)だ。

「恵比寿横丁には何度か来てますけど、特にいい出会いはないですね。以前は、ここで知りあうと、すぐに他のオシャレな店に行く、みたいな流れが多かったんですけど、最近は恵比寿に詳しくないっていう男性ばかり。お酒もあんまり奢ってくれないし(笑)、ちょっと話してLINE交換して終わりですね」

彼女たちは特に出会いを求めて来ているわけではなく、楽しく飲めればいいそうだ。

夜も深まり、まだまだ盛り上がる横丁の雰囲気にちょっと気圧されているような3人組の女性客にも話を聞いた。

今さらではあるけれど…ナンパ好きが集う横丁

「埼玉の深谷から来ました。テレビで見たことがあったので、ちょっと寄ってみたんですけど、こんな雰囲気だとは思いませんでした」「メニューも思ったより高いし、ゆっくり落ち着けないですね」「同じ男性グループから何度も声をかけられるので面倒くさいです」…。

ナンパ目的オンリーの男性客に対して、女性側はそれだけではないものを求めているようだ。

近くの会社に勤めているという30代のOLは「以前は違う職業の人とか、年齢差のある男性との出会いもあったけど、最近は若い人たちが増えて、あんまりおもしろくなくなりました」という。

店の人にも話を聞いてみると、「2年くらい前から出会い目的のお客さんが増えて、雰囲気がガラっと変わりました。男女のトラブルは少ないですが、女性客を巡って男性同士の揉めごとが増えましたし、じっくり飲んでくれる常連さんは少なくなりましたね」とのこと。

恵比寿横丁を出ると、席が取れなかったのか、それとも最初からそこが定位置なのか、道沿いに男たちが立っており、店から出てくる女性客に声をかけていた。

恵比寿横丁のレトロ感は、あくまでも作られたものだが、そこで繰り広げられているのはリアルに懐かしいあの頃の「ナンパ」だった。今さらだけど、こうした出会い方が好きだという男女が、今夜も恵比寿の一角に集っている。

参考文献:ダイヤモンド・オンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です