何でもいいから”呟く”のが大事!Twitterで「出会い」を見つける方法6ステップ!

Twitterを使って知り合うの?というところを、実例を交えてご紹介していきたいと思います。

●(1)そもそも“出会い”を目的としないこと

Twitterというツールは、“SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)”であり、“出会い系”ではありません。
ですので、最初から出会いを目的として活用しようとしている人は、“出会い厨”と言われ、あまりよい印象をもたれません。
あくまでも趣味の仲間を増やしたり、友達を増やしたり、その延長線上で恋人が出来たらいいなぁ……ぐらいの気持ちでするのが、ちょうどいいでしょう。

●(2)Twitterでの出会いのメリットは?

一番の大きなメリットは、“人柄がわかりやすい ”ということ。
同じ趣味の人を見つけるだけであれば、出会い系アプリなどを利用した方が格段に早いです。
しかし同じ趣味、例えば“旅行”だとしても、国内旅行が好きなのか、海外旅行が好きなのか、大勢でワイワイする旅行が好きなのか、はたまたひとり旅が好きなのか、頻度はどれぐらいなのか。
その人の趣味に対する姿勢や、また、最近どこに旅行に行ったのか……など、日常を垣間見ることが出来る のが、Twitterの醍醐味です。

また気軽に誰でもフォロー出来るのも、Twitterのメリットと言えるでしょう。
マッチングも必要ないですし、承認してもらう必要もありません。
フォロー時の挨拶など、煩わしいマナーもありません。

気になった人を気軽にフォローし、「なんか違うな」と思ったらフォローを外す。
そういった気軽さも、Twitterの良いところだと思います。

●(3)まずは何人かをフォローしてみよう!

アカウントを作ったら、まずは“フォロー”をしてみましょう。
公式アプリが自動でおすすめしてくる芸能人をフォローするのもあり、お気に入りのカフェのアカウントを探してみるものあり、何でもOK。
お天気情報や地震情報なんかのお役立ちアカウントもいいかもしれません。

「同じ学校出身の人を探したいんだけど…」

この質問、知り合いからもよく質問されるのですが、まず、学校の公式アカウントや学校の関連アカウント を見つけると良いでしょう。そして、そのアカウントのフォロワーを片っ端からチェックする のです。ひとりでも同級生や知り合い、もしくは先生のアカウントを見つけることが出来れば、あとは、またそのアカウントのフォロワーを片っ端からチェックすればOK!
このやり方で、上手くいけば芋づる式に知り合いのアカウントを見つけることできます。

「知り合い以外の新しい人をフォローしたいけど、誰をフォローすればいいかわからない…」

これも、よく相談される定番の質問。
答えとしては「適当でOK!」なのですが、無難な路線でいくと、同じ趣味の人 をフォローするのがいいでしょう。
例えば、“旅行”が趣味の人であれば、旅行関連企業のアカウントのフォロワーを見てみたり、“ゲーム”が趣味の人であれば、話題になっているゲームのタイトルなどで検索すれば良いと思います。(Twitterにはつぶやき検索機能がついています。)

「何人ぐらいフォローすればいい?」

これも適当でOKですが、あまり1度に大量の人数をフォローすると、アカウントに制限をかけられてしまうことがあります。
1日に20~30人 ぐらい、多くても50人ぐらいで留めましょう。
数日間かけて50~100人 ぐらいをフォローすると良いと思います。

もちろん、もっとフォローしてもOKです。

●(4)何人かフォローした!次は何をすればいい?

何でもいい ので呟きましょう!
別に、140文字いっぱい書く必要はありません。
インスタのようにお洒落な画像をアップする必要もありません。
“飾らない自分”をツイートしても受け入れて貰える、それがTwitterの世界です。

「起きた」「ねむい」これだけでもOK。
「何つぶやいたらいいのか、わからない(笑)」これでもOK。
今日あったことを日記のように書いてもいいし、気になったニュースについて書いてもOK。
自慢のペット写真をアップしてみるのも良いかもしれませんね。

●(5)どれぐらいつぶやけばいいの?

つぶやく回数は、最初は1日10~20ツイート あたりを目指してみましょう。
ツイートの頻度というのは人によって様々ですが、ネットを通じて友達を作りたい!恋人を作りたい!と思っているのであれば、この1日10~20ツイートというのは、最低ラインかな?と思います。

この1日10~20ツイートというのは、誰かに話しかける“リプライ”も含みます。
「えっ、誰かにいきなり話しかけなきゃいけないの…?」という疑問が出てくるかもしれませんが、答えは「Yes!」です。
友達や恋人を作りたいのであれば、ある程度積極的に自分から動く方が圧倒的に効率が良いです。
そもそもTwitterは出会い系のツールではないので、ぼんやり待っていても、向こうから話しかけられるなんてことはフォロワーが何百人何千人もいる状態でない限り、有り得ません。

しかし!話しかける前に、ちょっと確認を!
まずは自分のツイートを最低でも50ツイートぐらいしていることが望ましいです。
1日に10~20ツイートなので、アカウントを作って2・3日後 ということですね。

アカウントを作った初日にいきなり他人に話しかけるのではなく、まずは少し様子を見ましょう。

●(6)フォロワーと仲良くなろう!

毎日10~20ツイート以上し(会話が多くなれば自然と100ツイート前後になります)、自分の日常をツイートしつつ、フォロワーとのリプライでの会話も同時に楽しむ。
これが出来れば、次のステップは“オフ会 ”です。
ここまでに、大抵の場合は約半年ぐらいはかかると思いますが、早くにキッカケが訪れていれば、3か月ぐらいでもオフ会に参加できる可能性もあります。
キッカケとは色々で、例えば、仲良くしているフォロワーの人が近くに出張で来ることになった、近くに住んでいるフォロワーの人が転職に成功したなど。
ある程度の関係性が出来ているのでれば、自分から声をかけても良いと思います。

私の場合、趣味でフォロワーと繋がっていることが多かったので、仲間内5・6人で集まって遊ぶことが多かったですね。
その後気が合う人とはふたりで遊びに行くようになったり、オフ会がきっかけでお付き合いに至った人もいます。
出会ってから恋愛に至るまでは、現実の世界と同じですね。

———-

Twitterで人と知り合うというのは、やはり、ちょっと回りくどいやり方ではあります。
顔(アカウント)を覚えてもらい、挨拶などの簡単な会話をして、仲良くなって、それからオフ会などで出会う……という流れが基本。
「じゃあ出会い系アプリを使った方が効率よくない?」と思われる方は、出会い系アプリの使用をおすすめします。

出会い系のように気軽な出会いではなく、自然な出会いを求める方は、是非、Twitterも活用してみて下さいね!

参考文献:エキサイトニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です