「その手があったか~!」満員電車を出会いの場に変える方法3つ

朝の満員電車、憂鬱でしかたがないですよね。

女性の場合は痴漢に遭わないように、男性は痴漢に間違えられないようにと何かと神経を使って過ごされているかと思います。

ですが、そもそもあんなに人口密度が高い空間で妙齢の男女が入り混じっている状態、ある意味貴重な時間ではないでしょうか。そう、出会いがないと嘆いている方こそ、満員電車でキョロキョロ物色していただきたいのです。

そこで今回は、イイ男がいた時にやりたい“満員電車を出会いの場に変える方法”をお伝えします。

■1:ドアにもたれて立つ

まず、近くにお目当ての男性がいたらキープしたいポジションがドア側です。ドアに背を向けてもたれるように立ちましょう。

急な揺れを期待し、壁ドンならぬ“ドアドン”されるのを待つのです。

運良くドアドンしてくれたら相手の男性は100%ドキッとするはず。一度では弱いのでこれを根気よく何度も何度もやられ続けるのです。

ドアドンされるには上手なポジションを取る必要がありますので、まずはポジション取りを極めましょう。

■2:ワイシャツにチーク

トレンディ感のある手法ですが、相手の男性のワイシャツに化粧をつけてしまう戦法です。

口紅だとマジ切れされる可能性があるので、チークぐらいがちょうどいいですね。

チークなら少しはらえば落ちるのではらう時に自然なタッチも可能。必死で謝る女性にいきなり触られて男性も嫌な気持ちはしないでしょう。

最後は連絡先を必ず渡して「クリーニング代お支払します」でも「とりあえず連絡ください」でもいいので次につなげることが大切です。脈ありそうだな、と思ったら「新しいワイシャツを一緒に買いに行きませんか?」とぶっこんでもいいかもしれません。

■3:名刺をバッグに忍ばせる

これはバレバレの逆ナンですが、ターゲットの男性をめがけて彼のバックに名刺を忍ばせ、裏にはメッセージを書いておきましょう。

「よかったら連絡ください」ではヌルイので、「お願いです!どうしても話を聞いてほしいことがあります!」と鬼気迫る文面がオススメ。たとえ相手にその気がなくてもコワくなって連絡をしてくる可能性があります。うまいこと連絡がきたら、ストレートに気持ちをぶつけましょう。「ずっと気になってたんです!」「明日も6号車で会いたいです!」……満員電車の胸キュンな出会い、男性も好きなもんですよ。

いかがでしたでしょうか。

電車での出会いは最初が肝心。ドアドンもチークつけも、一度で終わってそれっきりになってしまってはただの迷惑女になってしまいます。

痴漢になってしまうリスクもありますし、名刺を悪用されてしまう恐れもあります。どうしてもなんとかしたい!そんな男性がいたとき、ここまでのアタックを考えてもいいかもしれません。しかし、すべては自己責任なので、そのあたりはよく考えて。

恋などご無沙汰という方は、恋愛につなげてやろうという大志を抱いて、満員電車でまずはイイ男を探してみてはいかがでしょうか。

参考文献:ウーマンエキサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です