コリドー街に登場 出会いを助けるマッチングバーって何?

普段でも賑わう銀座・コリドー街に、また新しいスポットがオープン。金曜の夜ともなると、若者でごった返している。今月1日、8丁目にお目見えした「SWITCH BAR 銀座コリドー街店」がそれ。

「“いつも通りの日常にスイッチを。”をコンセプトに大人の新しいスポットとしてオープンした、新世代型マッチングバーです」(広報担当者)

 大阪で5店舗を展開するグループが、東京に初進出した拠点だという。それにしても、ちょっと耳慣れない“マッチングバー”って何?

「オジサン風に言えば、要するにオシャレな“相席バー”です。ここ数年、婚活バーや相席居酒屋など、男性と女性との出会いの場が増えていますが、この新店も同じように男性と女性をマッチングさせる形式でしょう」(ライターの伊奈圭一郎氏)

 同店の広報担当者によると、「客層は男性が20代半ばから30代半ばが中心。女性は大半が20代」だというから、50代のオジサンはお呼びじゃないか。

「店内にはスイッチャーと呼ばれるオーダーを受け付ける担当がいて、女性から“アノ男性と飲みたい”と要望があれば、スイッチャーがお話のキッカケづくりをお手伝いします。もちろん、男性側からもOKです」(広報担当者)

 料金は、チケット制で男性3000円、女性1000円が基本。1人でも入店可能だが、マッチングが目的の場合は、2人以上がオススメ。4人の場合は2人ずつに分かれた方がマッチング率がアップするという意見もある。

 クリスマスの相手を探しますか。

参考文献:日刊ゲンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です