相席居酒屋、出会いとコスパを巡る男女の「同床異夢」

見知らぬ男女が同じ卓を囲む「相席」状態にされ、即席の合コンを行える相席居酒屋。物珍しさで訪れただけの客も一巡し、ブームも落ち着いた今こそ、冷やかしではなく真剣に出会いを求める人々が店には集っているのではないか。彼らの本音に迫るべく、筆者(女・26歳)が潜入取材を行った。

女性ライターが潜入取材相席居酒屋の「今」

2014年、先駆けとなる「相席屋」がオープンして以来、手を変え品を変え驚異的なスピードで、似たようなコンセプトの店が全国に続出した相席居酒屋。オープン当初、店前には出会いを求める男女の長蛇の列ができ、3時間待ちともいわれた。どこぞの夢の国かと思うほどの大盛況ぶりだったのである。

あっというまに北海道から沖縄まで、全国的に普及した出会いの場である相席居酒屋だが、最近はさすがに以前のような行列は見かけなくなった。急速に浸透した新たな出会いの形は、ブームが収束していくのも早かった印象を受ける。

知らない人のために改めて相席屋の料金システムについて説明すると、代表的店舗では男性は30分1500円で食べ飲み放題。以降、延長10分ごとに500円がかかる。女性側の飲み食いは完全に無料(時間無制限)。こうすることで「タダならまあいいか」と女性側も気軽に店を訪れることができる。

一方、男性は店にいた時間の分だけ料金を請求されるわけだ。出会いがあれば万々歳、収穫がなければ、タダ酒とタダ飯を見知らぬ女におごったようなものである。

日曜日、友人女性と待ち合わせて都内にある相席屋に入ったのは20時ごろ。並ぶこともなくすんなりと入れたうえに、店には空席も目立った。

「すごく楽しいから、この店出て、カラオケか居酒屋で飲みなおしませんか?」

相席開始にして10分。目の前の男性はこう切りだしてきた。私と友人の前に男性2人が案内され、一通り自己紹介を終え、食べ物を各々が口に運び出した矢先である。30歳、某テレビ局で働いているという男性は、しきりに時間を気にし、会話が一段落つくたびに「この店出て、もう一軒行かない?」とまったく落ち着きがない。

誘い出すにしてもずいぶん性急だなと思い、理由を尋ねると「1時間前からこの店にいるんだけど、前のが正直ハズレでさ……」と私たちの前に相席していた女性たちの悪口を言い始めた。

男性は分単位で課金され「アタリの女性」を血眼で探す

「かわいくないし、ノリも悪いし、本当に時間の無駄。というかお金の無駄(笑)?どうしようと思っていたら君たちがいたから、店員さんにチェンジお願いしちゃった」

つまり、ハズレの女性たちに、ある程度の時間(金)を費やしてしまっているので、早急に時間(金)をかけずに結果を出したいというわけである。

このように相席居酒屋には「チェンジ」制度がある。男性側でも女性側でも、「この相手はナシだなー」と思ったら、店員に告げれば、ほかの客と入れ替えてくれたりするのだ。

しかしチェンジした相手も依然同じ店内にいるわけで、相当な気まずさを強いられるので多くの大人はチェンジを使わないと友人から話を聞いていたのだが、実態は違ったようだ。再三の誘いをやんわりかわし続けていたら、急にテレビマンは「じゃあ、もう無理か。残念。俺たち、他の席に移ってもいいかな?」と、あっさり別の空いている卓に移っていった。どうやら私たちも「チェンジ」されてしまったらしい。

男性側は分単位で料金を請求されているぶん、相席居酒屋には常にこの「料金との兼ね合い」というシビアな現実が潜んでいる。どれだけ話が盛り上がろうと、いい雰囲気になろうと、店にいればいるだけ、男性側の料金メーターは上がっていくのだ。

そんななか、よりコスパよくアタリの出会いをゲットしたい男性陣は、自分たちの卓以上にアタリな女性がいるのでは、と常に他の卓に目を光らせ、時間に追い立てられるように会話しているように見えた。

「相席屋はガチャ」そう語るエリートサラリーマンの真意とは…

「もう3年ぐらい彼女いなくて、キャバクラ行くぐらいなら、まだ可能性ある相席屋のほうがいいかなって。若くて可愛い子も多いし、料金も安いし」

会社の同期だという28歳の男性2人は、だれもが知っている一流有名企業に勤めており、東工大出身。顔は普通だが、かなりのハイスペック男子だ。互いに男子校で育ち、女性経験も少なめだという。ハイスペックでありながらこんなことを自分から言ってくる男性は、アイドルが「恋愛したことがない」と告白するぐらい胡散臭いと思うのだが、どうやら彼らは相席居酒屋で着々と女性とのコミュニケーションスキルを磨いているようだった。

「もうなんだかんだで10回以上、2人で来てるかも。あいつらまた来てる…って店員に思われるのが恥ずかしいから、店舗は変えたりしてるけど(笑)。合コンもナンパも自分には合わなくて。でも相席屋に来るようになってから、いろんな女性と話せるようになった」

女性が無料だからこその「気楽さ」が、相席居酒屋にはあるという。

「男性だけ金を払うなんて不公平だという声もあるけど、逆に女性が完全無料だからこそ、こっちも気負わないというか。女性はタダ飲みできればいいやぐらいの気持ちだろうし、気使わないで話せるよね」

しかし、お手軽な出会いが、真剣な交際に発展するのはなかなか難しいようだ。

「そのときは楽しく話してLINEもほぼ100%交換できるけど、そのあと真剣に付き合ったっていう話は周りでも聞いたことがない」という。

「ちょっと失礼な言い方かもしれないけど、相席屋って“ガチャ”みたいなもの。お金出してガチャ回して、大当たりなときもあるし、大ハズレなこともあって、ちょっとゲーム感覚だよね。まったく何の繋がりもない男女が、ポンポン即席で出会える。婚活パーティーほどガチじゃないけど、実際こうして素敵な女性と出会えたりもするし」

相席居酒屋通いの成果もあって、彼らの如才ないトークが発揮された2時間だった。

「相席屋でできた彼氏のことが忘れられない」26歳婚活女性の焦り

先述のように、相席居酒屋が受けている要因には、その「手軽さ、気楽さ」にあるように思う。実際、店内を見回しても「真剣に出会い求めてます!」という気合の入った服装の人はほとんど見当たらない。全体的に客の年齢層も若めで、仕事や学校帰りに暇だし来ちゃいました、というような、いい意味でゆるい空気が流れている。

事実、「実は彼氏もいるし出会いにも興味ないけど、無料で飲み食いできるから暇つぶしも兼ねて行く」という女性は少なくない。筆者の友人も、終電を逃した際の休憩所として利用していると言っていた。さらに相席居酒屋は万が一、男性の数が足りず相席状態にならなかった場合でも女性は無料なので、男性と相席にならないことを願いつつ、ちゃっかり無料の女子会を開催しているパターンもある。

その一方で、「相席居酒屋で出会った彼と真剣交際していた」という女性もなかにはいる。「相席屋での出会いなんて、と正直期待してなかったけど、ノリで入ったらばっちり好みのタイプに出会っちゃって。半年ぐらい付き合いました。でも彼はもともと本気じゃなかったみたいで、ケンカして別れました」(26歳、OL)。

今は、彼を吹っ切るために、週1ペースで相席居酒屋に通い詰める日々。「でももうこの年齢で、毎週、相席屋につきあってくれる女友達もなかなかいない」と嘆く。本気で相手を探しているのなら、婚活パーティーに行ってはどうか、と提案したが、それはまた違うようだ。

「そこまで、“ガチ”とは思われたくない。堅苦しいのは苦手だし、相席屋ぐらいのゆるーい感じがちょうどいいんです。でも店にいるのは私より若くて可愛い女の子ばかりだし、そろそろ観念したほうがいいのかな」

真剣にパートナーを求め相席居酒屋を利用する女性には残酷な話だが、「相席屋」でGoogle検索をかけると、「60分以内3000円でワンナイトラブに持ち込む手順」を丁寧に解説した男性向けの記事なども出てくる。効率よくセックスの相手を探している人、ゲーム感覚で飲みにきている人、無料に釣られる女性、真剣に交際相手を探しに来ている人。男女の相席“ガチャ”で、互いにとって大当たりを引く確率は、どちらにせよかなり低そうである。婚活と思って挑むには、ハードモードなゲームといえそうだ。

参考文献:ダイヤモンド・オンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です