東京23区で「出会い・デートスポット」が多い区は?

データから知られざる区の姿を浮きぼりにしたと話題の新書『23区格差』。そこでSPA!では出会い・デートスポットついて各区のデータを比較すると、どうなるのかを検証。23区の知られざる事情とは?

<23区の出会い・デートスポット調査>
都心から外れた場所ではデート場所がゼロに近い区も

繁華街の面積

いくら若い女性が多い街でも、大半が住宅街では出会いもなければ遊べもしない。そこでまずは、23区の商店街の面積を調査した。

トップは渋谷区の0.52平方キロメートル。以下、同じく大ターミナル駅を持つ新宿区、豊島区と、銀座エリアを抱える中央区、区の面積自体が広い世田谷区が続いた。なお「区全体の面積比での商店街の広さ」という基準だと7位の千代田区や9位の台東区が世田谷区を抜く形となる。一方、ワースト3は駅周辺以外は住宅地が広がる中野区(0.09平方キロメートル)、荒川区(0.08平方キロメートル)、文京区(0.03平方キロメートル)が並んだ。

【1位】渋谷区:0.52平方キロメートル
【2位】新宿区:0.48平方キロメートル
【3位】豊島区:0.43平方キロメートル
【4位】中央区:0.40平方キロメートル
【5位】世田谷区:0.30平方キロメートル
※「商業集積地区(商店街)の売り場面積」をランキング化。世田谷は区の面積自体が広いこともあり5位に。以下、江東区、千代田区が続いた

街コン数

続いては街コンの多さ。ベスト5の顔ぶれは「繁華街の面積」とほぼ同じで、ターミナル駅のある都心部がやはり強い。トップの渋谷区は、渋谷、恵比寿、表参道と街コンの人気エリアが集中しているため、調査した1か月あたりの開催件数は219回にも及んでいた。

【1位】渋谷区:219回
【2位】港区:117回
【3位】中央区:113回
【4位】新宿区:92回
【5位】千代田区:38回
大手街コンサイト3つのデータを基に、取材時から1か月の間に開催予定の街コン数を算出。北西部では開催数ゼロの区が多かった

デートスポット数

また、出会いを恋愛に結びつけるにはデートスポットの数も重要。各区の在住者・出身者10人ずつに代表的なデートスポットを聞き込み調査した。最も多くスポットが挙がったのは港区で12か所。六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなどの商業施設から、定番の東京タワー、新国立美術館などの美術館までバリエーションも豊富だった。

以下は2位渋谷区(10か所)、3位江東区(9か所)、4位千代田区(8か所)、5位世田谷区(8か所)と続いた。2位の渋谷には「渋谷ヒカリエ」「表参道ヒルズ」などの名の通った商業施設のほか、「キャットストリート」などの町中の通りも挙がり数を伸ばした。なお目黒区では「インテリアストリート」、豊島区では「乙女ロード」を挙げた人がおり、町中の通りもしっかりブランディングされている区はデートでも人気となるようだ。

15位北区(3か所)や22位足立区(2か所)、23位板橋区(1か所)は公園や庭園くらいしかデートスポットが挙がらない状況。若い女子と遊ぶには不向きな場所といえそうだ。

大規模イベント数

出会いのキッカケやデートスポットに関しては全体的に下町エリアが低かったが、お祭りなど、1万人以上を動員する大規模イベントの数・質では形勢が逆転。イベント情報誌や各区行政機関のホームページを基に調査したところ、1位となった台東区はお祭りの数が多いだけでなく、三社祭(150万人)、浅草サンバカーニバル(50万人)など集客数も桁違い。下町エリア全体で花火大会も多く、江戸川区花火大会(135万人)、隅田川花火大会(91万人)などは集客力も抜群。ナンパなど、大規模イベントでの出会いのチャンスは多そうだ。

西部エリアはイベント数は少なめだったが、15位杉並区は阿佐谷七夕まつり(75万人)、東京高円寺阿波おどり(100万人)と巨大なお祭りが2つあるのが魅力。また8位渋谷区も、代々木公園で10万人以上を動員する「タイフェス」などのフードフェスを定期開催。開催数ではなく、集客数を見た場合、順位は変わったかもしれない。

参考文献:SPA!