純愛専用“両想い”確認アプリ、お互いが「好きな人」に登録なら通知。

「one heart」は出会い系のサービスではなく、すでに知り合っている現実の人間関係の中で、「好きな人と両想いかどうかを確認できる」アプリ。Facebookの友だちの中から「好きな人」をひとりだけ選択し、その人も自分のことを「好きな人」として登録していた場合のみ、お互いに対し両想いを通知するという仕組みだ。

もちろん、両想いにならない限り、相手には伝ることはない。

“純愛専用”を謳うのは、マッチング目的でやみくもに多くの異性を登録する使用法を防ぐため、登録できる相手は1人のみ、選択後1か月間は変更不可という仕様から。同社は「そのためもし両想いが成立した場合、お互いが本気なので大きな意味があります」と狙いを説明する。

また、ただ登録するだけでなく、匿名で「相手に片想いを通知する」ことも可能。その場合は、相手のアプリ上に「あなたを想っている人がいます」と表示される。そして「相手のメールアドレスを入力することで『片想い通知メール』を匿名で送信することもできるので、相手がアプリを持っていなかった場合も匿名で想いを伝えることが可能です」とのことだ。

同社の関口舞社長(23歳)は、このアプリについて、公式ブログで「私自身、極端にそっち方面においてシャイなので、いままで『告白できずに終わってしまった恋』というのはいくつかありました」と、開発のきっかけを語っている。

それによると、「2年ほど前、仲良くなった男友達のことを好きになってしまい、一緒にごはんを食べたりいろいろな話をしたりしながら毎回ドキドキしていたものの、大切な友達だからこそ、それを伝えてしまい、フラれて、関係が壊れるのが怖くて、何も言うことができず(本当に、『月が綺麗ですね』レベルのアピールしかできなかった)、これからも仲良くしてもらえることのほうが大切だなと思い、結局言えなかった経験があります。しかしあとになって知人経由で『あいつ、お前のこと好きだったらしいぜ〜』という話を聞き、今となってはいい思い出なのでそれはそれとしても、かなり衝撃を受けました」といった経験から、「お互いの気持ちを確認できる手段があったらいいのに」と強く思うに至り、「one heart」をリリースすることにしたという。

参考文献:Narinari.com