婚活パーティーに潜入取材!参加男性の8割を落とした必勝法とは

結婚相談所に登録して知り合った男女の話

派遣事務員エリカ(28歳・仮名)は、登録した結婚相談所で外科医と知り合った。

その結婚相談所の特徴は、男性会員には、職業、年収などの入会条件が厳しいが費用は安め。女性は短大卒以上といった条件のみで、費用は高い。入会金が30,000円、年会費は119,700~303,000円(9,975~25,250円×12)。今までエリカは、自分よりも月収が低くヒモ体質のダメ男ばかりと付き合ってきた。そんなダメ男たちを経て、「自分の肩書きよりはるかに上の医者と結婚をしたい」と思うようになり、良質で無駄のない出会いをするためにこの結婚相談所を選んだという。

エリカはプロフィールファイルを見て何名かを選別、実際に会った中から、埼玉県に住む外科医(35歳)に標的を絞った。お互いの条件は合っていたので、何度か逢瀬を重ねた。

しかしこの外科医、趣味は「豚が精肉工場に運ばれていく有様を観察すること」だという相当な変人。それでも外科医という好条件の男とデートする機会なんてなかったエリカは、今までのマトモに仕事もしてないフリーターもどきよりは絶対にいいと言い聞かせてデートを重ねた。そのデートというのも、花束を買ってきたり1人3万円はする料亭での夕食だったりで、彼女は今まで経験したことのない優越感を覚えた。

セックスに関しても外科医はガッついてこなかった。「結婚してからでないと……」と、いつの時代の女だよというような台詞を吐くエリカに対して、外科医は優しかったという。それほど金のかかるデートをしているというのに、エリカが頑なに拒否の姿勢を見せると、身体を求めてくることもなかったらしい。身体の相性も知らずに結婚するなんて、逆に怖くない?……なんて考えてしまうのは私だけ?標的を絞ってんなら出し惜しみすんなだわ。全く。

2人の付き合いが半年を越えた頃、急にエリカから「外科医と別れようとしたらストーカー化して怖い」と連絡を受けた。もうこのまま結婚するだろうと周りの誰もが思っていたので唖然としたわ。

なぜ結婚相談所へ多額の活動費を支払ってまで出会った人と、そんなに簡単に別れたいと思うのか聞いてみると、

「私、結婚したいわけじゃなかった。自分の市場価値が知りたかっただけだった。あと、良い人なんだけど良い人すぎて全然恋に落ちない」

とのことだった。

結果的にエリカは根っからのダメ男好きだったわけだ。結婚前のセックスを拒否したら逆上して無理矢理襲ってくる類の男じゃないと彼女は好きになれなかったというわけ。外科医に伝えた別れの言葉は、「ずっと誰かにときめいていたいから、結婚したくない」だそうだ。真面目に付き合ってるフリをして純潔ぶってこの仕打ち。これじゃ外科医に粘着されても文句は言えない。

エリカは「豚が精肉工場に運ばれていく有様を観察するなんて趣味が悪すぎる」とも言っていた。そこを気にするなら最初に言えよ、という問題である。

婚活に勤しむ読者も、肩書きや条件より大事な自分のこと、相手のこと、しっかり見るべきところをもう一度考えてみてほしい。それを再確認した。

普通揃いのお見合いパーティー

様々な婚活事情を勉強したが、素敵な男性が周りにたくさんいる私には「婚活なんて場を提供しているだけで私でも発案できるのでは?」なんて浮かんでしまう。そこでライトな婚活であるお見合いパーティーの場へ潜入してきた。

20代~30代限定、スイーツ食べ放題パーティー。ま、ありがちな設定である。いろいろと観察したかったので、男性13名女性10名の少人数制を選択。パーティーの流れは、女性が着席しているテーブルを男性が順番に渡り歩く。事前に出身地や趣味、おすすめのデートスポットなどを記載したお互いのプロフィールカードを交換しながら3分ずつ全ての異性と話す。会話後に相手の印象を用紙に書く。男女の人数に差があるので、男性はところどころで暇になる時間がある。そこでじっくり隣の会話を盗み聞きしたりと楽しみ方は様々。

その後、フリートークで、スイーツを食べながら男性が好きな女性の席へ行きトークタイム。これは早い者勝ちであるため、どう見ても情で女性の相手をしている男性がいたり、ひとりの女性に群がる数人の男性もいた。当然「職業:家事手伝い」と書いた偽りだらけの私の周りにもね。

最後に、気になる異性を2人、カードに記載し司会に渡す。司会を介して自分の名前が書いてあるカード(連絡先付き)がもらえたら、あとは当人たちが受け入れれば自由に連絡を取り合うことができる。なので「連絡先がもらえたら、あとはそれぞれやりとりしてください」といったスタイル。

参加者は身分証を出さなければならないが、そこまで厳しくチェックはされない。私なんて名前と年齢くらいしか本当のことを書いてない。なので、年収も仕事も嘘を付こうと思えばいくらでも付ける。参加者の男性は、容姿やプロフィールカードを見る限り「こんなに普通の人たち、私の周りには絶対いない」と言い切れるくらい普通の人しかいなかった。会話も容姿も無個性であり、本当に普通なのだ。きっと2回会っても3回会っても覚えていないであろう男たち。そしてなぜか野球好きで年収は500万~600万代が多かった。20代で800万代という男もいたが、プロフィールカードは信用できないことは実証済みである。

女性は無料だが、男性は8000円ほどの会費を支払う。なので、2時間くらいは時間拘束されることを予想して行った。結果、50分で終わった。男性陣に「キャバクラ行ったほうがまだ良いじゃないの!!!!」と声を大にして言いたかった。いや本当、こんな婚活パーティーならキャバクラのほうがまだ楽しませてくれると思うわ。私は潜入取材として参加してるからそう思うだけなのか。実際みんな楽しんでいるのか。改めて考えるとたった50分も楽しめなかった自分に切なくなる。

いや、無個性な男となんて10分の会話も楽しめないっつーの。質問されたら適当な返答をして隣の女の会話を聞いていたわ。

「一人暮らしですか?」
「はい」
「どちらで?」
「三軒茶屋です」
「いいですね~渋谷近いですよね」

……

隣ではこんなテンプレートのような会話を5回は繰り返してた。話題を全く振らない女も女だけど、男も少しはひねりのある話題探そうよ。私の家事手伝いという偽の肩書にも「いいお仕事ですね」と勝手に納得し、突っ込んでくる男はいない。映画や音楽が趣味というくせに、私よりも知識が浅い。皆さん本当に普通の方ばかり。安定した普通の人と結婚をしたい女にはもってこいじゃないかしら。婚活パーティーに来ている女に向かって真顔で「結婚願望あるんですか?」なんて聞いていたデリカシーのない男もひとりいたけど。

気になる異性を2名挙げなければいけなかったが、本当に赤と黄色のパプリカ程度の差しか感じられなかった私は無記入で提出した。連絡先を誰とも交換するつもりはなかった。

しかし、帰りに司会の方からもらった封筒の中には驚くべきことに、男性11名分の連絡先入りカードが入っていた。男性は全部で13人。2人にしかカードを渡せないのに11枚。なぜ堅実な女を選ばない。なぜ誰がどう見ても一番適当な対応で、服装も思いっきりカジュアルな私に冒険心を示したのか?とりあえずカードを全てフレッシュネスバーガーのごみ箱に捨てた。本当見る目のない男が多いわね。

そこではっとした。巻き髪にワンピースといったテンプレートスタイルで、男の年収や仕事や住まいに興味を示すがつがつとした女たちの中で、私のことを奥ゆかしい女、もしくは個性的な女と感じた男がカードを入れてきたのではないか。私が余裕を持っている男に惹かれるように。

婚活疲れを感じてる女には、真面目な方が多いという。一度思いっきりやる気がないような、近所のコンビニに行くような心持ちで婚活パーティーに行ってみてはいかがだろう。案外成功するかもしれない。

結果、婚活パーティーなんて場所と人さえ集まって仕切れる人がいればいいんだから、誰にでも開催できるわね。婚活だと重たくなっちゃうから、異業種交流といった名目で近々開催することにしたわ。そちらのレポートもお楽しみに。

参考文献:サイゾーウーマン