オンラインでの出会いは魅力が増す!?:出会い系サイトの心理学

ネット上で出会いを求める人はどのような行動を取るのだろうか? オンラインデートを利用する人々の行動についての分析。

少し前に、恋人たちに出会いのきっかけを聞けば、答えはいろいろあるにしても、パーティで、バーで、共通の友人を介して、仕事で、電車で、バスの中で等々だっただろう。しかし何年か前からは、出会いの手段は増えた。しかも、ほかと比べてその事例は増加している。インターネットだ。

実際、オンラインデート(出会い系サイト)は、軽視してはならない現象だ。少し前のある研究によると、インタヴューを行った異性愛のカップルの少なくとも20%、同性愛のカップルの60%以上は、恋人をインターネットで見つけていた。オンラインで誕生したカップルと従来のカップルでは、心理的レヴェルに何か違いはあるのだろうか? アラン・マーティンは、このテーマについて分析を行った。

オンラインデートのサイトは、いまやたくさん存在している。しかし、基本的にはすべて同じ方法で運営されている。自分の特徴や好きな物を掲載したプロフィルを作成し、そこに写真を添える。これにより、システムとユーザーは、好みに合う特徴に基づいた適当なパートナーを探す。

マーティンの指摘によると、一般的に女性は男性よりも多くのメッセージを受け取る。実際のところ、これらのサイトが使用しているアルゴリズムはすべて、似たプロフィル同士を結びつけようとする。プロフィルは、特に外見に関してはまったく本当とは思えない場合もあり、ある研究によると、意図的に改変されていることもある。

さらに、マーティンが考察を行った側面のひとつに、オンラインデートのサイトには、いってみれば「重い」メッセージが見られるということがある(時には不快なもののこともある)。心理学者ジェサミー・ヒバードによると、オンラインで投稿されるメッセージが非常に直接的なのは、基本的に、自分の行動を監視するプレッシャーが少ない場所で人が行動しているからだという。こうした匿名性と、対面ではなく文字によるやり取りであることが、メッセージを直接的なものにしている。

さらに、知識の問題がある。オンラインで知り合ったあとで、最初に会って話をするときは、バーで誰かと出会うときよりも多くのことをお互いについて知っている。心理科学会(Association for Psychological Science)のある研究によると、こうしたことによって、実際に会うときの話題が限られるよりは、むしろ魅力が増すようだ。ただし、これはヴァーチャルでやり取りする期間が限られている場合のみの話だ。同じ理由で、対面の瞬間に期待が満たされないと、オンラインで知り合った期間は、相手の魅力を損なう原因になる可能性がある。

誰かのプロフィルに満足できず、次から次へとプロフィルを眺めて回り、オンラインデートのチャンスが一種の買い物リストに変わってしまうという危険性については、それは現実においても理想の相手を探して起こりうることで、その人次第だと専門家たちは主張している。

オンラインデートサーヴィスMatchのCEO、OkCupidの共同創業者のサム・イェーガンのようにこうした人々をたくさん見ている人にとっては、もしオンラインデートのサイクルのほうが短いとすれば、それは人々が性急に決断するからではなく、関係が満足いかないときにそれを放棄して別の出会いを探すことに問題がより少ないからだという。

このことは別にしても、オンライン心理学の専門家であるグラハム・ジョーンズによると、オンラインデートは自分をより安全に保つための手段だという。「わたしたちの根本的な心理学的ドライヴァーのひとつは、確実なものを見つけることです。従来の出会いは、多くの不確実さがあるため、わたしたちには危険にさえ感じられます。インターネットはこの危険を遠ざけるのです」。

参考文献:WIRED.jp