本当に出会える優良出会い系サイトをカテゴリ別にランキング形式で紹介しています。
出会いにつながるプロフィールの書き方、出会いにつながるテクニック、出会い系サイトの悪質手口やトラブル対処法も紹介しています。

プロバイダ賠償責任制限法

優良出会い系サイトのみを紹介している比較サイトです

プロバイダ賠償責任制限法

偽の電話番号等を使って登録した場合、出会い系サイトからの請求はどうなるか。ここで問題になるのが「プロバイダ賠償責任制限法」である。アクセスログを調査し個人情報を割り出すとかよく言うが、つまりはプロバイダに問い合わせてログを調べてもらい、会員情報を提出してもらうわけだ。今までも犯罪性があれば警察からの要請でプロバイダは情報を開示してきた。それをさらに押し進めたのがこの法律だ。

特定電気通信による情報の流通によって権利の侵害があった場合について、特定電気通信役務提供者(プロバイダ、サーバの管理・運営者等。以下「プロバイダ等」という。)の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示を請求する権利につき定めるものとする。

(1)プロバイダ等の損害賠償責任の制限
特定電気通信による情報の流通により他人の権利が侵害されたときに、関係するプロバイダ等が、これによって生じた損害について、賠償の責めに任じない場合の規定を設ける。

(2)発信者情報の開示請求
特定電気通信による情報の流通により自己の権利を侵害されたとする者が、関係するプロバイダ等に対し、当該プロバイダ等が保有する発信者の情報の開示を請求できる規定を設ける。

つまり、誰かが損害を被った際、その相手と思われる人が利用しているプロバイダに情報の開示を要求できるわけだ。出会い系サイトの利用料請求にこれがどこまで関係してくるかは分からない。しかしプロバイダ側も神経質になっているし、トラブルは避けたいので、要求された通りに情報を開示してしまう可能性はある。とにかくまだ新しい法律であり、解釈も様々であるので、これがどういう適用のされ方をするかはまだ不明だ。ひとまず法政大学社会学部白田秀彰助教授による考察、私家版・プロバイダ責任法についての解説と考察を紹介するので参考にされたし。

出会い系サイト最新ニュース

矢印アイコン出会い系サイトに関するニュース

コンテンツ

ソーシャルメディア

ブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録