本当に出会える優良出会い系サイトをカテゴリ別にランキング形式で紹介しています。
出会いにつながるプロフィールの書き方、出会いにつながるテクニック、出会い系サイトの悪質手口やトラブル対処法も紹介しています。

サクラの見分け方

優良出会い系サイトのみを紹介している比較サイトです

サクラの見分け方

結論を言えば、確実なものはない。ないのだが、それでは話が進まないのでいくつかポイントを列挙しておく。しかしいずれも絶対ではないことを念頭に置いておいて欲しい。

「けんさん」といったさん付けの名前で登録する。

サクラを多用するサイトでは、サクラの作業効率をあげるためにシステムが改良されていることがほとんど。例えば文章中に「#name」というような指定のワードを入れておくと自動で名前に変換されたりする。つまりまさおという会員に「#nameはどこに住んでるの?」と入力したメールを送ると「まさおさんはどこに住んでるの?」と変換されるのだ。そこでさん付けである。「こんにちは#name」と入力すると「こんにちはまさおさんさん」となり識別可能。しかし最近では敬称は自動ではいらずに「こんにちは#nameさん」と入力させるシステムもあるので一概に判断はできない。またそういうシステム自体が無いサクラサイトもある。

写メ付の投稿は避ける。

最近では写メール対応のサイトが増えている。募集する女の子も写メ付が増え、可愛い女の子がエッチ大好きなどと宣ってるわけだが、これはサクラだ。何度かメール交換をして仲良くなったうえでの写真交換とはワケが違う。誰が見ているか分からない出会い系で写真付で募集をかけるなど、そんな愚行を犯す女性は希だ。写真など業者がいくらでも販売している。それらを使えば簡単に写メ付のサクラ投稿ができてしまうというわけだ。

10回メールしてもメアドを教えてくれなかったらサクラ

これも必ずとは言えない。なので自分ルールとして定めておくといいだろう。「5回で直アドを聞けなかったら諦める」というように、まるで予算を決めるようにルールを決めておくのだ。

地方のネタをふる。

出会い系に地域は関係ない。だから北海道だろうと九州だろうと、東京や大阪などの都心部でサクラをやっている場合が多い。あるいはネット経由のサクラならば全国各地だが、それにしても自分の地域と合うことは確率的にそう高くはない。もしもあなたが地方のお住まいなら、地元ネタが有効だ。地元の人ならば誰でも知っている店の名前、天気、道順など。機械的なサクラならばそのネタを無視するだろう。しかし手作業のサクラならば検索等で調べて返信してくる可能性もある。あるいは逆に存在しない店を持ち出し「駅前に二階建てのたこ焼き屋があるでしょ、有名なとこ。あそこ食べたことある?」などとカマをかけてみるのもアリだ。

会う当日、または前日になると必ず不幸が起こる

「急に実家の母が倒れて…ごめんなさい。」「風邪ひいちゃったみたいで熱が40℃近くあるの…ごめんね?」なんてこと言われてませんか?まぁ、一度目のドタキャンは本当かもしれないから許すとしても、会う当日や前日になって二度も三度も不幸が起こるなんてありえないですよね!!それなのに「ごめん、君に不幸が起こるのは俺のせいかも。俺に悪霊がとり憑いてるんだと思う…」なんてメールをしてくる優しい男性もいるんです。
あなた、いいカモになってますよ!

    対処法
  • エロ系ムード満点のサイトは避ける。
  • 実際に友人・知人が出会ったという証拠のあるサイトしか使わない。
  • 女性の方から届くメールに返事は出さない。
  • 基本的には自分からメールを出す。
  • 写メール付で投稿している女性にメールは送らない。
  • 5回で直アドを聞けなかったらすっぱり諦める。

出会い系サイト最新ニュース

矢印アイコン出会い系サイトに関するニュース

コンテンツ

ソーシャルメディア

ブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録